洗うことが当たり前ではない服

洗うことが当たり前ではない服

2015年08月25日(火)8:01 午後

皆様は“クリーニング”という言葉を聞きますとどういうことを想像されますか?

 

○家では洗えない物を洗ってくれる

○しみ抜きをする

○汗抜き

○ドライクリーニング

 

などさまざま浮かぶのではないでしょうか。

 

その中でも一番上に挙げた「家庭で洗えないものを洗ってくれる」というのが

 

クリーニングに出す大きな理由になっていると思います。

 

ところでご家庭の洗濯とクリーニングの違いをお考えになったことはありますか?

 

家庭ではできないドライクリーニングができるというのは大きな違いではありますし、

 

洗剤もご家庭用とはまったく違っていたりすることが代表例として挙げられます。

 

そんな中でもクボタは、少ない点数ごとに洗うことが特徴的だと思います。

 

といいますか、洋服は色・デザイン・汚れ具合など多種多様であり、ひとくくりにできないものであり、

 

必然的に小ロットでのクリーニングになってしまうのです。

 

また、“洗う”というイメージとは違ったクリーニングもあります。

 

テストをしてみて色が出やすい物、装飾やプリントが取れやすそうな物など

 

デリケートなものはご家庭の洗濯機のようにジャブジャブ洗ってしまうと

 

とんでもない結果になってしまいます。

 

そのような場合は、前処理を丹念にします。

 

汚れやすい、衿・脇・袖を汚れが落ちやすいように前処理をしてから洗います。

 

洗う時もネットにいれ、弱めに洗うのです。

 

弱めの洗いとはおそらく皆様が想像されている“洗濯”とは大きくイメージがかけ離れるものだと思います。

 

ですから前処理が非常に重要な工程になってくるわけです。

 

ドライクリーニングのみOKのコートやマフラーも水洗いにて汗抜きをするのですが、

 

その際は水に浸す際は、手作業で行ったりもします。

 

クリーニングといってもただ単に“洗う”だけではないのです。

 

そこがクボタのポリシーでもあると思います。


  |