汗をかく季節の衣類には

汗をかく季節の衣類には

2015年07月21日(火)7:20 午後

梅雨が明け、本格的な夏が到来しました。

 

こんな時に気になるのが汗ですよね。

 

「スラックスがなんだか硬いなぁ」

 

「ブラウスやワンピースの脇部分が黄色くなってきている」など

 

お悩みではありませんか。

 

これは汗が原因の一つだと考えられます。

 

汗は放っておくと、変色の原因になってしまいます。

 

そのような時は汗抜きが最適です。

 

さて、汗抜きとはいっても具体的にはどのような事をするのでしょう。

 

ずばり、クボタの汗抜きは“水洗い”です。

 

ドライクリーニングでも汗を除去する洗剤が入っているものもありますが、

 

やはりドライクリーニングはドライクリーニング。

 

汗を除去するには水洗いに勝るものはなく、

 

洗ったあとのすっきり感は比べものになりません。

 

実は弊社スタッフが着用しているウールのズボンは

 

必ず水洗いをしているんですよ。

 

水洗いをするからといいましても、ご家庭の洗濯機のようにジャブジャブ洗うのではありません。

 

水洗いでは型崩れに一番気を使います。

 

下の写真は汗で襟元と袖口が黄ばんでしまったジャケットです。

 

001 

これを洗う際はまず、衿と袖の黄ばみを部分漂白し、水洗いをします。

 

その際、型崩れを防ぐためにネットにいれ、くるくる巻いて水洗いをします。

 

003

 

このとき、洗浄回転力や脱水の回転力に細心の注意を払いながら洗います。

 

洗い上がりも色落ちしないよう、そしてゴワゴワ感が出ないように色々と溶剤を配合しています。

 

そのあとのアイロンも重要です。

 

シルエットに気をつけながら、職人がしっかり仕上げていきます。

 

このようにクボタの汗抜きは仕上げられていきます。

 


  |